exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
Angel Aki Blog アンジェラ・アキのちょっとハーフ・タイム
Angel Aki Blog アンジェラ・アキのちょっとハーフ・タイム
Angel Aki Blog アンジェラ・アキのちょっとハーフ・タイム
Angel Aki Blog アンジェラ・アキのちょっとハーフ・タイム

アンジェラ・アキの
最新インタビュー
[2007-09-14掲載]


【アンジェラ・アキ】

日本とアメリカ。ダブルスタンダードを持つ、個性派シンガーソングライター。 卓越した存在感のあるヴォーカル。そしてダイナミックなピアノプレイ。 日本人の父とイタリア系アメリカ人の母のもと、1977年9月に生まれる。 3歳からピアノを始め、中学校卒業まで徳島県と岡山県で過ごす。 15歳の時、ハワイに移住し、2003年に日本に帰国するまでワシントンD.C.に在住。 大学では、政治経済学と音楽を専攻。大学時代より音楽活動を本格化。 地元のクラブやライブハウス等に定期的に出演。 2005年9月に『HOME』でメジャー・デビューし、2006年1月2ndシングル『心の戦士』をリリース。 3月、3rdシングル「ファイナルファンタジーⅩⅡ」挿入歌『Kiss Me Good-Bye』をリリース。 オリコン・ウィークリーチャート6位と自己最高位を記録。 5月に4thシングル『This Love』、6月には待望の1stアルバム『Home』をリリース、 オリコン・ウィークリーチャート初登場2位を記録、現在もロングセールスを続け、ダブルプラチナを記録。 2006年12月、日本武道館史上初の単独アーティストによるピアノ弾き語りライブを行う。 この快挙となる武道館公演のチケットは発売日に即完し、ライブは大成功を治める。 2007年3月にリリースされた「サクラ色」は、自身のシングルの中で、最速最多の売り上げを記録。 5月23日には、初ドラマ主題歌となるNew Single「孤独のカケラ」をリリース。 今、最も活躍が期待されるシンガーソングライターである。
TODAY
2nd Album
「TODAY」
9月19日リリース

【初回生産限定盤】
DVD付き2枚組
ESCL-3028/9
¥3,500(税込)
このCDを購入する
【通常盤】
ESCL-3030
¥3,059(税込)
このCDを購入する

OFFICIAL WEB SITE
ARTIST DATA



みなさん、こんばんは!今週末、夏フェスが本格的にスタートしました!土曜、大阪で”情熱大陸スペシャルライブ”に出演した後、日曜は福岡で”Higher Ground”に参加しました。今まであんなに大きなステージに立った事が無かったので、色んな意味でびっくりしました。例えば、舞台袖からピアノにたどり着くまでの距離が思いのほか遠かったり(笑)、リハーサルをせずにぶっつけ本番なので、ピアノに座ってから椅子の高さがあっていないと分かり、「すんません、椅子を調整しまーす」と言わないといけなかったり。(笑)でも、一番びっくりしたのはお客さんの数です!見渡す限りの人で、唖然としちゃいました。そんな中、「アンジー!!」と言う声にHOMEを感じました。ありがとうございました!!そうだ、もう一つ!曲の途中でふと巨大スクリーンに自分の顔がアップされているのに気づき、危うく歌詞を間違えそうになる事!(笑)

(写真)
大阪での情熱大陸ライブは万博公園で行われたので楽屋から「太陽の塔」が見えました。手のひらにのせてみました!そして、本番前にテントの中で出番を待っていましたが、サウナの様に暑くて暑くて!ライブの後は大阪からすぐ福岡に移動。なんと、プロペラ機で!人生で二度目の経験でした。思わず写真を撮りました。後は、Higher Groundでの会場の様子です!
f0071716_0522756.jpg
f0071716_0524340.jpg
f0071716_0525893.jpg
f0071716_0532267.jpg
f0071716_0533899.jpg

[PR]
by angelaaki | 2006-07-31 00:53
みなさん、昨日はサントリーホールで”めざましクラッシクス”と言うイベントにゲストで出演しました!伊藤由奈ちゃんも同じくゲストでした。由奈ちゃんとはデビューの時期が近くて去年同じイベントに出たのをきっかけに知り合いました。久しぶりにお会いしたので、ものすごく盛り上がりました!彼女はしっとりとパワフルにLove songsを歌っているけど、素顔はとってもかわいくて元気よくて、周りをパッと明るくします。そして昨日は仲良しの中野美奈子アナウンサー(美奈ちゃん)にも会えました!

サントリーホールはトップクラスのクラッシックホールだから、スタッフはいつもと違う気合いの入り方でした。マネージャーが仕事にスーツを着てきたのは4年間で初めてでした!笑。楽屋にピアノがあったのにもビックリしました!(写真がその楽屋)ステージも大きくて、アコースティックな響きが素敵でした。私の出番の時、司会の軽部さんに「サントリーホールでジーンズとスニーカーで出て来た人は、あなたが初めてだと思いますよ」と笑われました。。。苦笑。このホールでもアンジーコールが聞こえてきたのがとても嬉しかったです。応援に来て頂いた方々、ありがとうございました!

みなさん、明日はいよいよ大好きなタカチャのファーストアルバムリリースです!「I Love 田舎」と言うアルバム!!I Love 田舎Tシャツを頂いて今日着ています!!かわいいでしょ!
f0071716_18392645.jpg
f0071716_18393833.jpg
f0071716_18395153.jpg
f0071716_1840310.jpg

[PR]
by angelaaki | 2006-07-25 18:40
みなさん、こんばんは!今日は池上本門寺でライブをやりました!これから一ヶ月以上続く夏フェスの第1回目でした。新しくアレンジした新曲やスペシャルで企画していた曲もあったのでとても楽しみにしていました。涼しくなってきた夕暮れの中、神秘的なお寺で、虫よけスプレーを少しつけすぎた手で一所懸命ピアノを弾きながら歌いました。目を閉じると、私の声がどこまでも届きそうな感じがして、気持ちよく歌っていたら、なんと!!曲の途中で間違えてしまったのです!(きゃー!)最初は、「え、嘘でしょ」と自分を疑ったけど、いいえ、嘘ではありませんでした。笑。曲に戻れなくなってしまってもう止まるしかなかったのです。思わず「間違えちゃったー」と叫んでしまいました。10年間ライブをしてきて初めての出来事でした。でも、止まったら「アンジー、ドンマイ!」と言う声が聞こえてきて意外と冷静に気を取り直してそこからまた始められました。声はすごく出ていたし、全体的にとてもいい演奏ができたと思いました。そしてライブが終わってからこんな事を思い出しました。

昔私がワシントンDCのスタジオでレコーディングをしていた時、スタジオの人が私の大好きなサラ・マクラクランがそこでライブをした時の音源をこっそり聴かせてくれました。ライブが始まると急に彼女の世界に吸い込まれましたが、彼女は途中でピアノを間違えてしまい止まったのです。すると、笑いながら「SHI*!!」と彼女の口から意外と汚い言葉がこぼれてきてビックリしました。笑!あまりにもレアで彼女の素の部分が見れたのでスタジオの人に「どうかこの音源を下さい!」ってお願いしたら、「それは駄目だよ」と言われました。オフィシャルじゃないからそりゃそうだ。でも、あの時の彼女の素敵な笑い声は今でも覚えています。その代わり、自分に同じ事が起こるとまた違いますね!苦笑。今夜はいい意味で思い出のライブになりました!

写真はステージに出る直前のものと、池上本門寺の会場を写したものです。
f0071716_0443866.jpg
f0071716_0445173.jpg
f0071716_045380.jpg
f0071716_0451452.jpg

[PR]
by angelaaki | 2006-07-23 00:45
皆さん、それではワシントンD.Cの続きで〜す!

ワシントンD.Cと言えばホワイトハウス。次に有名なのはリンカーンメモリアルとワシントンモニュメントです。向かい合わせにある二つのワシントンのシンボルは、大学から近くにあって、よく散歩しに来ていました。リンカーンメモリアルの前にある階段に座ってワシントンモニュメントを眺めながら曲を考えたりしました。観光客と一緒に写真を撮りながら昔の事を色々思い出して感慨深かったです。

ワシントンD.Cに行かれる方は是非立ち寄ってみて下さい!



P.S   先日徳島で行われた「歌の宅配便スペシャル」のダイジェストが
オフィシャルページにアップされました! 皆さん是非観てみて下さいね!

f0071716_11375528.jpg
f0071716_1138932.jpg

[PR]
by angelaaki | 2006-07-18 11:43
皆さんこんにちは!
ワシントンD.Cの続編です。
このピアノの写真は私の通っていた大学の音楽練習室で撮ったものです。サラ・マクラクランのライブを観て強い影響を受けて、実際にこのピアノで沢山の曲を作りました。あらためてピアノの前に座ると色んな思いがこみ上げて来ました。

次の写真は、私が大好きなベトナム料理の''フォー"です。
学生の時によく食べました。牛肉の入った熱いスープにたっぷりの
バジルを入れて食べると美味しいです!

まだ続きま〜す!
f0071716_13424135.jpg
f0071716_1342577.jpg

[PR]
by angelaaki | 2006-07-14 13:43
みなさん、テレビの撮影のため、ワシントンDCに来ています。すごく懐かしい場所でロケをしています。私がウェートレスとして働いていたレストランにも行きました。この前Mステで「未だにウェートレスをやっていてオーダーを入れ間違える夢を見ています」と言いましたが、タモリさんに、「モンゴリアンビーフ」と言う食べ物の事を言ったら笑われました。BBSに沢山コメントを頂いたので、今回是非”モンゴリアンビーフ”を写真にしてみなさんに届けます!ビーフを甘い醤油で味付けしてニラと一緒に炒めたものです。なぜモンゴリアン?私にも謎です。笑。

もう一つの写真はそのレストランで人気のある前菜です。”レタスラップ”といって、チキンと野菜を炒めた物をレタスにくるんで食べるのです。久しぶりに食べたら美味しかった!
f0071716_038163.jpg
f0071716_0381846.jpg
f0071716_0383799.jpg

[PR]
by angelaaki | 2006-07-11 00:43
みなさんお元気ですか?

沢山のメッセージありがとうございます!

短いですが、写真は一昨日名古屋で味仙(みせん)と言う中華料理屋さんに言って”台湾ラーメン”と言う超辛いラーメンを食べた時のものです!「おいしそう!」と思って食べていたら、ものすごく辛いのです!辛くてもやみつきになるおいしさでした。

そして、今日レコード会社で中孝介君に遭遇!中君の最新シングル「思い出のすぐそばで」は本当にいい曲!思わずパシャリ。「姉さん、身体に気をつけてくださいよ!」と言われたけど、中君も忙しいのだから身体には気を付けてね!
f0071716_1242218.jpg
f0071716_1243665.jpg
f0071716_125021.jpg
f0071716_1251469.jpg

[PR]
by angelaaki | 2006-07-06 01:26
みなさん、「歌の宅配便」が無事に終了しました!朝4時から並んでくださった方もいました。関東から来てくれた方もいました。本当に感謝しています。私がステージに立った時のみなさんの叫び声がまだ聞こえます!

 「歌の宅配便」を通して、全国のみなさんから沢山の感動的なメッセージを頂きました。その中から7名の方をご招待させて頂き、私の生まれ故郷徳島でライブをやりました。徳島では幼なじみにも会えたし、小学校の同級生にも18年ぶりに会えました。忘れたい思い出もあるけれど、時間が経って振り返ると、やっぱり“ふるさと”って素敵な場所ですね。本当に来て頂いたみなさんにパワーをもらいました!ありがとうございました。後、沢山のお手紙やプレゼントありがとうございました!

 写真は「歌の宅配便」のご招待させて頂いた方々と。そして、ライブ会場
の風景です。そして、まだまだキャンペーンは続きます!今日は金沢です。
 
 また書きますね!

With Love,
アンジー
f0071716_15234931.jpg
f0071716_1524625.jpg
f0071716_15254630.jpg

[PR]
by angelaaki | 2006-07-03 15:26
以前の記事
2008年 07月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用をお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム